琉球伝統芸能・琉球びんがた・琉球伝統料理 3社の包括連携を発表

琉球王国時代の理念と美の追求として、《琉球の美》「伝統」と「革新」によるイノベーションに取り組むべく、(一社)琉球びんがた普及伝承コンソーシアム・(一社)琉球料理保存協会との包括連携を締結し、10月1日 沖縄県庁記者クラブにて発表しました。

一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室、一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム、一般社団法人琉球料理保存協会は、それぞれ2019年4月に法人を設立いたしました。三社はそれぞれに、琉球王国時代に築き上げられた「おもてなし」の精神、いわゆる「うとぅいむち」を現代でどう活かすことができるかをキーワードとして考え、復元のみならず、再現も視野に入れ、琉球の美=本物を追求するとともに、次世代に向けた持続可能な開発目標を掲げ活動を行っています。

また、同年の5月20に沖縄県では初めて「日本遺産」として「琉球王国時代から連綿と続く“料理”と“泡盛”そして“芸能”」が認定されたことは、単なる偶然ではないとも感じております。

三社は、これまでに国や県の事業等を通じて関わることができ、互いの活動について情報交換等を行なう機会に恵まれました。古(いにしえ)の先人たちが残した大切な文化芸術を質の高い状態で、どのようにして後世に伝えていくことが重要かなどを議論しておりました。議論を重ねる毎に、独自の活動だけでなく、包括連携を行うことで、より充実した取り組みになるのではないかとも感じておりました。

琉球伝統芸能デザイン研究室と琉球びんがた普及伝承コンソーシアムは、昨年度先に包括連携を締結し、琉球古典舞踊の衣装として、代々伝わる琉球びんがたを羽織って演ずるという企画鑑賞等を実施いたしました。
この度、琉球料理保存協会も加わった三社による包括的連携を行い、「伝統」と「革新」によるイノベーションを目標とした、琉球王国時代の理念と美を追求して参ります。

一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室 代表理事 山内 昌也
公立大学法人沖縄県立芸術大学教授
県無形文化財「沖縄伝統音楽湛水流」保持者

一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム 代表理事 屋冨祖 幸子
琉球びんがた事業協同組合理事長
伝統工芸士

一般社団法人琉球料理保存協会 理事長 安次富 順子
沖縄の食文化・琉球料理研究家
安次富順子食文化研究所所長


■めざす姿
「沖縄県SDGs実施指針」を視野に入れた取り組みを行います。沖縄県独自のSDGs基本理念を基に、持続可能な質の高い観光コンテンツ開発事業の実施と提言を行います。それらは、ジェンダー平等を含む若者たちが、将来の目標となり得る「沖縄人として誇りに思うシゴト」のヒントになれればとも考えます。それらを実現するために、教育分野にも力を入れ、子どもたちに「ホンモノ」を体験できるシステムを構築し、情操教育にも貢献できればと考えます。
また、《琉球の美》をいつでも体感できる空間として、(仮称)「新御茶屋御殿」を首里城の麓に誕生させることも目指しております。

■具体的な取り組み(令和3年度および中期構想)
 (1)令和3年度沖縄観光コンテンツ開発事業 (琉球伝統芸能デザイン研究室採択事業)
   「琉球の美」-ホンモノのモノ- (11月~12月実施)
 (2)令和3年度新たな沖縄観光サービス創出支援事業 (受託事業)
    琉球王朝の文化を巡る、技に触れる7日間 ~伝統を感じ、優雅に楽しむ 新しい沖縄~
     (12月~2月実施)
 (3)三社合同による法人組織の設立 (事業等の自走化を目指し、コンテンツ開発と人材育成を行う)


三社紹介

一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室
琉球王国時代の高貴な『うとぅいむち』(おもてなし)を甦らせることを理念に、これまでに無かった「琉球伝統芸能=宮廷芸能」だけにこだわり、少人数・小空間を基にした上質な琉球芸能を提供するための事業と人材育成を行います。コンセプトは「琉球伝統芸能の新しい“カタチとデザイン”=伝統と革新」です。性別を問わず「琉球伝統芸能のプロ」を育て、「琉球伝統芸能」を次世代に繋げていくことに尽力して参ります。

一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム
琉球びんがたが、次の50年、100年と発展し、継承されていくことを目指し、職人、事業会社及び大学が連携して立ち上げた組織です。琉球びんがたのデザイン性に着目した、知財を活用する様々なプロジェクトをプロデュースする他、産地ブランディングに繋げる為のクラフトツアー企画にも取り組みます。これまで職人に求められていた工芸の稼ぐ力を、ビジネス経験豊かなメンバーが補い、現代に受け入れられる新しい形での工芸の発展の仕方を探究します。

一般社団法人琉球料理保存協会
琉球料理保存協会は、伝統的な琉球料理の正しい普及と保存活動、琉球料理人の人材育成及び資質の向上、そして琉球料理、食文化の総合研究を目的とし、2019年に設立いたしました。「日本遺産」、「ユネスコ無形文化遺産登録へ向けて」の協力と、毎月第三木曜日を「琉球料理の日」と設定し、県民の意識を高める活動をしてまいります。

その他のお知らせ

Instagram公式アカウント開設

New
2021.10.17
お知らせ
琉球伝統芸能デザイン研究室公式Instagramアカウントを開設いたしました。

復興中の首里城にて、本物に拘った琉球伝統芸能「琉球の美」-ホンモノのモノ- を上演

2021.10.06
開催予定
琉球伝統芸能・琉球びんがた・琉球菓子を上質な沖縄観光コンテンツとしてパッケージ化
令和三年度沖縄観光コンテンツ開発支援事業の採択を受け、新たな観光コンテンツとして復興中の首里城公園内にて「琉球の美」-首里城で感じるホンモノのモノ- を11・12月上演いたします。

琉球伝統芸能・琉球びんがた・琉球伝統料理 3社の包括連携を発表

2021.10.05
活動報告
琉球王国時代の理念と美の追求として、《琉球の美》「伝統」と「革新」によるイノベーションに取り組むべく、(一社)琉球びんがた普及伝承コンソーシアム・(一社)琉球料理保存協会との包括連携を締結し、10月1日 沖縄県庁記者クラブにて発表しました。

【琉球の美】琉球伝統芸能と琉球料理を堪能するプレミアムパッケージ

2021.06.12
開催予定
2020年に全国で初めてグッドデザイン賞を受賞した ”奏者一人に舞い手一人”という 極限までその身をそぎ落とした編成で美の真髄に迫る琉球伝統芸能を「上質な空間」でご覧いただいきます。鑑賞後、1958年創業の歴史と伝統を受け継いだ琉球料理をお召し上がりいただくプレミアムパッケージ。いよいよ準備が整いました。

『Una-』(御庭)プロジェクト 動画公開

2021.06.10
活動報告
~琉球王朝文化と技術革新によるイノベーティブ・アート・パフォーマンス~
首里城破損瓦を活用した舞台空間の創造と表現『Una-』のメイキングを含めた映像を公開しました

演者会員のページ 更新しました

2021.04.01
お知らせ
SDGsとの観点から「演者の準会員」を新設し、新たな演者会員を含め演者会員のページを更新しました

上演のご案内(1-2月):主催公演、社会貢献、受託公演

2021.01.13
お知らせ
2021年1月-2月にかけての自主公演のご案内です。 なお最新情報は本ページにて随時更新いたします。

2021年 沖縄観光新春の集い

2021.01.07
活動報告
1月4日 沖縄観光コンベンションビューロー様主催の「沖縄観光新春の集い」にて上演させていただきました。

2020年度グッドデザイン賞受賞記念公演

2021.01.06
活動報告
12月26日、当法人の取り組みがグッドデザイン賞を受賞したことを祝し、万国津梁館にて記念公演を開催しました。

2020年度グッドデザイン賞 受賞記念公演

2020.12.10
開催告知
琉球古典音楽1名×琉球古典舞踊1名によるパフォーマンスがこの度「2020年度グッドデザイン賞」受賞したことを祝し、記念公演を開催します。

『Una-』初公開

2020.11.20
活動報告
「首里城破損瓦等利活用アイデア」として沖縄県から採択された『Una-』プロジェクト。
その完成披露として10月31日 世界遺産 玉陵にてによるアートパフォーマンスを行い、首里城復興への想いと歴代国王王妃への敬意を込めた奉納として琉球古典音楽の演奏を行いました。

上演のご案内:主催公演、社会貢献、Una-

2020.10.27
お知らせ
2020年10月-12月にかけての自主公演のご案内です。 なお最新情報は本ページにて随時更新いたします。

伝統的な古典芸能の取り組みとして全国で初めて 【グッドデザイン賞】を受賞しました

2020.10.01
お知らせ
グッドデザイン賞は かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰する取組として Gマークで広く親しまれています。

世界遺産 国指定特別名勝 識名園にて歌三線・琉球舞踊を奉納

2020.09.14
活動報告
9月12日、世界遺産 国指定特別名勝 識名園にて国王・王妃への「奉納」としてのアートパフォーマンスを行いました。

琉球伝統芸能デザイン研究室 SDGsの達成に向けた取組

2020.09.06
お知らせ
性別を問わない「琉球伝統芸能」のプロ育成や 琉球王朝時代に構築された「琉球伝統芸能」を次世代へ繋ぐべく、当法人ではSDGsの達成に向けた取組を進めて参ります。

衛藤内閣府特命担当大臣を表敬し、歌三線と舞踊を披露

2020.09.03
活動報告
8月28日東京・内閣府庁舎内にて、衛藤内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)に小空間での上演を鑑賞いただいた後、大臣室にて当法人の取組紹介等 懇談させていただきました。

首里城破損瓦活用プロジェクト『Una-』(御庭)始動。 新たな演奏空間の創造へ

2020.08.21
活動報告
沖縄県から「首里城破損瓦等利活用アイデア」として採択いただいた『Una-』(御庭)プロジェクト。破損瓦の受け取りセレモニーが8月15日 守礼門前で開催されました。

YouTube公式チャンネル開設【お知らせ】

2020.07.06
お知らせ
新しい生活様式の中で皆様へ琉球古典音楽をお届けできるよう、美しい沖縄の映像に乗せた歌三線をお届けいたします。ぜひチャンネル登録の上お楽しみください。

山内昌也 CD【渓の響Ⅱ】 発売のお知らせ

2020.06.27
お知らせ
6月9日代表理事 山内昌也のCD「渓の響Ⅱ」が発売となりました。琉球古典音楽「渓の響」シリーズでは歌三線1名による演奏表現を行っております。

代表理事山内昌也 県指定保持者認定へ

2020.05.21
お知らせ
5月19日、沖縄県教育委員会は当法人代表理事の山内昌也を無形文化財保持者に認定しました。

琉球びんがた・琉球伝統芸能 包括連携協定を締結

2020.02.21
活動報告
2月17日沖縄県那覇市・沖縄県庁にて当法人と一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアムの「包括連携協定」締結に関する記者発表を開催しました。
琉球びんがたと琉球伝統芸能による『琉球王朝の魅力』をより一層発信すべく、双方が抱える課題を踏まえ、今後の事業活動について説明させていただきました。

個人賛助会員募集のお知らせ

2020.01.26
お知らせ
当法人の文化・芸術活動を支援して頂ける“個人”のお力添えを受け付けております。ここでしか手に入らない特典もご用意。琉球伝統芸能の新しい未来を創造する皆さまのご協力をお待ちしております。

首里城公園 新春の宴

2020.01.08
活動報告
令和2年の元日、首里城公園で開催された「新春の宴」において、「琉球芸能の宴」として琉球古典音楽の演奏を行わせていただき、新年を寿(ことほ)ぎました。

那覇空港国際線クリスマスツリー点灯式

2019.12.19
活動報告
12月1日那覇空港ふくぎホールにおいて、東京五輪組織委員会クリエイティブアドバイザーでもある山﨑晴太郎氏が手掛けた、沖縄の染織物で作られたクリスマスツリーの点灯式が行われ、その式中で当法人がプロデュースした歌三線と琉球舞踊を披露いたしました。

おきみゅー誕生祭2019 報告

2019.12.12
活動報告
11月3日沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)エントランスホールにおいて当法人による琉球伝統芸能公演が上演されました。
おきみゅーの周年祭関連イベントとして開催された歌と舞による演奏・演舞は、おきみゅーを訪れた幅広い年代のお客様にお楽しみ頂きました。

設立記念公演【自主公演】@東京

2019.09.30
活動報告
9月15日 東京 日本橋にて演者会員4名による設立記念公演を行いました。
奏者一人に舞い手一人というシンプルな表現だからこそ感じることのできる美しさ、また小空間で行うことによって感じ取れる息遣いや緊張感など、それらを観客の皆様と共有し、臨場感を持ってお楽しみいただきました。

設立記念公演【自主公演】

2019.08.09
開催予定
9月15日 東京 日本橋にて 当法人の「設立記念公演」を開催いたします。
かつて芸能によって外交を行った琉球の古典音楽と古典舞踊を、和室の小空間で行うことにより、精妙で臨場感のある上演をお楽しみください。

法人設立 記者会見

2019.07.24
活動報告
6月24日 沖縄県那覇市・沖縄県庁にて当法人設立に関する記者会見を開催。
当法人のコンセプトである「琉球伝統芸能の新しい“カタチとデザイン”=伝統と革新」や活動方針・活動内容を説明させていただきました。

琉球伝統芸能「美の世界」

2019.06.24
開催予定
少人数・小空間での公演として、これまで4回、東京にて実施して参りました。
古の先人たちは薩摩屋敷や江戸屋敷において数々の琉球芸能を披露しました。格式高い和室での上演は、士族たちがその空間を取り囲んでいたという記録が残されています。
まさに劇場では味わうことのできない、“距離”や“特別”を体感することができます。

奉納神事 琉球伝統芸能「美の世界」

2019.06.24
活動報告
奉納神事は、東京青山の熊野神社にて執り行われ、関係者限定による神事は、凛とした空気を生み出し、心地よい緊張感が漂っていました。
宮司による執り行いの後、琉球伝統芸能の奉納を行われました。

「琉球の美」琉球伝統芸能と松山御殿の料理

2019.06.24
活動報告
本公演は、南城市の“南の島のフィニッシングスクール西大学院”にて、20名様限定の“特別会”となりました。
尚順男爵が日頃お召し上がりになっていた料理(松山御殿料理)を西大八重子先生が復元され、この日史上初の試食会となりました。上品な味付けは、数週間もの時間をかけ下ごしらえをした結果だそうです。

琉球伝統芸能「美の世界Ⅴ」-琉球伝統菓子と共に[会員公演]

2019.06.24
開催予定
7月14日(日) 13:00~15:00
第1回目の公演から満員御礼を続ける「美の世界」では、琉球伝統芸能の更なる表現の可能性と魅力に迫り、古の先人たちが琉球伝統芸能を鑑賞した時と同様の上演空間を再現しています。
第5弾となる今回の取り組みでは、琉球伝統菓子も堪能してもらいながら、さまざまな「琉球の美」についても探究していきます。